FC2ブログ

マズイ~(ToT)、腐っちゃうかも~

ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産の様です。
見た目まだ何とか大丈夫そうですが、根元が黒く根腐れして腐った枝がたくさんあります。見苦しいので除きましたが、もう萎びてダメな枝もたくさんありました。まだ上の方まで腐っていないのですが、危うい気配です。
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、徒長と過湿で根腐れ気味、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
今年は長梅雨で結果的に日照不足でした。梅雨入り前の5月後半の一時高温時期、場所を移動しました。朝日しか当たらない雨避けできる棚下のつもりでした。棚下でも毎日雨が吹き込んでいたようで、ふと見るともう枝が溶けてヘタっていました。慌てて雨が当たらないようにして乾かしておくと現在の状態でややこれでも元気を取り戻した感じです。
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
過湿と高温、プラス日照不足すると、こんな風に根元から黒く腐り始めます。↓上3鉢はもう溶けてダメになっていました。あ゛~。辛うじて根土が湿っていても大丈夫な苗もあります。
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、徒長と過湿で根腐れ気味、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
日照不足で緑色、大鉢の方が日当たり悪い棚奥でした。これらは過湿で危うい状態だったので用土を乾かしておくと、どうにか保っている感じです。高温多湿時期は風通し良く乾かしてある程度日照もあった方が良いでしょうか。右小鉢は今年2月後半に挿し木した苗です。まだ赤く紅葉が残り大丈夫そうに見えます。
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、徒長と過湿で根腐れ気味、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
ですが、小鉢の根元はこんな風に腐った状態で乾かしたので茎が危うい・・・。水やりしたらダメになるかも~ヒィ~
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、徒長と過湿で根腐れ気味、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
日照不足の棚下から移動して、元置いていた簡易ビニールハウスの遮光をかけた雨の当たらない中央位置に移動しました。何とかこれ以上痛まず、涼しい秋まで持ちこ耐えて欲しいです。
ピレア・グロボーサ(Pilea serpyllacea globosa)ペルー・クスコ原産、徒長と過湿で根腐れ気味、高温多湿に弱そうです。2020.08.05
原産地(ペルー・クスコ地方)の気候を調べてみますと、年間を通し最高気温が20℃前後。寒い4月~9月までが乾季で雨が少なくこの時期最低気温が0℃~5℃未満のようです。10~3月比較的暖かいといえど最低気温が8℃前後、この時期にひと月100~150mm程度の降雨があるそんな気候のようです。標高3399m、陽射しを遮るものは特にないのかしら~すると日照は必要なハズ~。日本なら、春・秋最高気温が23℃以下くらいの時期が安定成長期なのかしらと思うところです。お願い!生き延びて~オクレ~

にほんブログ村

自家採取種子と冷蔵庫保存していた海外輸入購入種子の発芽くらべ~ッ

エキノケレウス(自家採取種子)、テフロカクタス(ヤフオク購入種子)、エケベリア(今年開花にできた種子)他、多肉・サボテン実生苗いろいろ
先月、2020.07.27、浅いお弁当パックに穴を空けて種蒔きして置きました。発芽が始まったのは今のところ3品です。
エキノケレウス、テフロカクタス、エケベリア他、多肉サボテン実生苗いろいろ、発芽は始まったのは3品だけです。2020.08.04
テフロカクタス、今年ヤフオク購入種子ですが、何年採取種子か定かではありません。2020.07.27実生、発芽始まっています。
テフロカクタス、ヤフオク購入種子、2020.07.27実生、発芽始まっています。2020.08.04
まだ1か所だけですが、大丈夫のようです。
テフロカクタス、ヤフオク購入種子、2020.07.27実生、発芽始まっています。2020.08.04
エキノケレウス・美花角、桃太郎交配(自家採取種子)1年間冷蔵庫に実のまま保存していました。今年、萎びた実を水で戻し種子を洗い直ぐに蒔いてみました。2020.07.27実生、全然大丈夫♪もう発芽しています。右:水に浸けて沈んだ種子。左:プカプカ浮いた種子。やはり沈む種子の方が発芽率が良いようです。
エキノケレウス・美花角、桃太郎交配(自家採取種子)2020.07.27実生苗もう発芽しています。2020.08.04
エケベリア・魅惑の宵系、今年開花した花にできた種子、自家採取種子、2020.07.27実生苗、新しい種子の発芽は早いです。
エケベリア・魅惑の宵系、自家採取種子、2020.07.27実生苗、新しい種子の発芽は早いです。2020.08.04
今回蒔いた種子でまだ発芽していない品は、今年3月頃に購入した種子を冷蔵庫保存していた品です。フォッケアの種子は捲いて後翌日にはカビの様な白いモジャモジャが種子の周りに出ていました。たぶんカビかと思います。ビューラックス希釈液で苗床全て霧吹きして消毒しましたが発芽してくれるでしょうか。その他種子も発芽しておくれ~\(-o-)/。
にほんブログ村

いつ弾けても良いように~こぼれタネ、キャッチャー♪

ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)マダガスカル原産
またもや、良~く見ますと、かなり地味な花と実種子ができています。
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)マダガスカル原産、地味な花と実ができています。2020.08.03
赤丸が種子ですが、触ってもまだ弾けない感じです。青丸が地味過ぎる小さい花♪
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)マダガスカル原産、地味な花と実ができています。2020.08.03
古い種子が飛び散って他の鉢内にアチコチまた発芽しています。
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)すでに鉢内にこぼれ種発芽。2020.08.03
勝手にこぼれ種発芽~♪
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)すでに鉢内にこぼれ種発芽。2020.08.03
徒長してヒョロヒョロ~尺取虫と間違えそうな小苗\(-o-)/。
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)すでに鉢内にこぼれ種発芽。2020.08.03
きっと既に鉢外にもこぼれて、せっかくの種子を無駄にしていそうなので、育苗バッドに用土を入れその上に開花苗を置きこぼれ種子をキャッチャー♪
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)こぼれ種発芽しても良いように育苗バッドの上に置きました。。2020.08.03
こうしたら、せっかくできた種子が勝手に弾けたとしても受土内で発芽してくれるはずです。
ユーフォルビア・プラティクラダ(Euphorbia platyclada)マダガスカル原産、地味な花と実ができています。2020.08.03
日陰に置いていますが、これまた赤茶けたナナフシのビッグサイズ様~♪。植物らしからぬ堪らない色合いが理由なく見惚れてしまう多肉植物です♪。
にほんブログ村

花芽は上がりますが、群開花しないのは・・・

ペニオセレウス・ストリアータス(Penioereus striatus)
メキシコ、ソノラ砂漠、バハカリフォルニア、アリゾナ辺り自生地のようです。塊根性サボテン。
2016年に分け与えていただいた苗なので、大切に育てています。大切に育てすぎると何か不足して開花しなかったり、我が家では昨年初めて2輪咲いたきりです。どうして蕾が上がらないのかコツがわからないでいます。ふと見ると、目立たない花芽が上がっています♪。長梅雨で多湿過ぎたので断水していたせいでしょうか。
ペニオセレウス・ストリアータス(Penioereus striatus)花芽が上がって来ました♪メキシコ、ソノラ砂漠、バハカリフォルニア自生地、塊根性サボテン。2020.08.02
自生地の気候を調べますと、年間降雨量が300~400mm未満、7・8月が100mm続いて2ヶ月降雨する以外3・4・5・6月はほぼ稀雨のようです。夏~秋~冬は微量降雨があり、春が乾季な感じでしょうか。
ペニオセレウス・ストリアータス(Penioereus striatus)メキシコ、ソノラ砂漠、バハカリフォルニア自生地、塊根性こん棒状サボテン。2020.08.02
そう考えますと、春から夏直前まで断水していると花芽が上がって来るのでしょうか。花芽が葉芽にならず確かな花芽になってきたら夏2か月間、開花生育期水やりして開花。後秋から冬は少なめに水やり少しして、3・4・5・6月と断水、花芽が上がってきたら水やり開始なサイクルでいいのでしょうか。それとも、春4カ月断水した後水やり始めれば花芽が来るのでしょうか。来年は春こそ断水してみようと思います。
ペニオセレウス・ストリアータス(Penioereus striatus)メキシコ、ソノラ砂漠、バハカリフォルニア自生地、塊根性こん棒状サボテン。2020.08.02
細い灰色菜箸の様な長い茎節をよく観察しますと、途中に花芽らしき産針毛のある突起がアチコチでき始めています。ここが水やりしないでいれば花芽になるのでしょうか。ここで水やりしてしまうと葉芽になってしまいそうで、未だ断水気味にしています。
ペニオセレウス・ストリアータス(Penioereus striatus)メキシコ、ソノラ砂漠、花芽が上がって来ました♪塊根性こん棒状サボテン。2020.08.02

そうそう、あまりに花が上がらないので昨年秋の終わりに新茎節の頂上芽先端をピンチ(摘芯)しておきました。挿し木したのですが全滅~ひぃ~。実は現在、この株に新茎節の芽も生え始め、5㎝程伸びている個所があります。ここの先端芽を接ぎ木すればいいのに~しなくちゃ~と思うのですが、いまだしていません。早くヤレ~ッ(ToT)。
ああ~群開花して欲しい~♪今からまだ上がりそうな花芽にわくわく期待して、お世話続けま~す♪。
にほんブログ村

日照不足のせい?生育が良くない、春秋成長型ミニサボテン

プナ・白鶏冠(Puna clavarioides)左、プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus)、右
どちらもアルゼンチン原産で春・秋期成長型、真夏は小休眠するようです。今年は日照不足と長雨で多湿が続くので今まで水やり少なくしていました。白鶏冠は挿し木苗を頂きもう7年ほどになりますが、未だこんな大きさです。一度キリン団扇接ぎ木成功し急速成長してセッカ茎節が出ましたが、翌年接ぎ下しがうまくいかず腐ってしまいました。自根の挿し木苗ではセッカ茎節は出ず、かなり成長が遅い現実です。
プナ・白鶏冠(Puna clavarioides)左、プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus)、右、どちらも春・秋期成長型で水やり少なく成長緩慢です。2020.07.31
黒竜は1苗から毎年挿し木して増えました。昨年と比べますとかなり長雨で日照不足と多湿のせいか、こん棒茎節が思ったようにぜんぜん茂らずにいます。夏休眠前も重なり生育が悪いのでしょうか。我が家で黒竜は落葉したことが無くシャカシャカした灰色の茎節が1年中たくさん茂っていたのですが、今年は見ての通り茎節に勢いがありません。酷い猛暑にならないことを願い夏越し、涼しい秋に期待です。
プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus)、挿し木苗が増えました。日照不足と多湿のせいか葉が茂らず生育が悪いです。2020.07.31
午前中、梅雨明け予報がついに出たので、なんだか変な調子ですが、遮光ネットを張りました。今まで日照不足で困っていたのに、梅雨明け早々の激猛暑、激直射日光でいきなり焼けたらもう大変です。ですが、しない方が良かったような~やはりして良かったような~複雑な気分です。
2020年、梅雨明けは8月1日となりました。日照不足が終わり急な猛暑日射に備え遮光ネットしました。2020.08.01
2020年は予測不能な緊急事態が続きます。なったらなった!なるようになる!どうにかなったら対処して乗り切ればその先に又新しい何か経験や教訓が生まれてくるのかしら?と思いま~す。エイエイオーッ♪
にほんブログ村