FC2ブログ

雑草みたいなオトンナ・・・

オトンナ・パーフォリアータ(Othonna perfoliata)南アフリカ南部(西ケープ、ナマクワランド)原産
今年はかなりの暖冬で冷涼期生育型のオトンナが晩秋から真冬そして4月を迎え開花し続けています。個人的にもう少し大きな見映える花なら良いのですが、じっくり観察してみれば道端にいつしか蔓延るキク科の雑草とほぼ変わらないそんな風に見えてしまいます。
オトンナ・パーフォリアータ(Othonna perfoliata)南アフリカ南部(西ケープ、ナマクワランド)原産、塊根性冷涼期生育型多肉植物2020.03.30開花中
この塊根は2又に分かれ見えている部分の直径は2㎝程です。どの程度まで塊根は大きく育つのでしょうか。葉はなんとなく紫まだら模様が浮き出ていたり多肉質、細い蔓性の茎節には綿毛が生えています。
オトンナ・パーフォリアータ(Othonna perfoliata)南アフリカ南部(西ケープ、ナマクワランド)原産、塊根性冷涼期生育型多肉植物2020.03.30開花中
真夏に落葉するタイプも多いですが、これは夏でも枯れず半落葉維持できるようです。塊根を太らせるなら地上に出さず用土に埋め込み、真夏は日陰で周年葉を茂らせ養分を塊根に運べたら早く太ったムッチリ塊根になるでしょうか。

いい加減、コロナの影響で気分が鈍よりします。人間界は、科学や生活水準がこれ程発達してもどうしようもできないことがまだまだたくさん起こる現実です。話が逸れますが、野良ネコなど野生動物たちは人間がおたおたしてしても何も変わらず、いつも通り逞しく生きて気ままで自由に見えます。やっぱり今度生まれ変わるならカモメはカモメが良いなぁ~♪


にほんブログ村

ケイリドプシス・祥鳳の花♪丸3年でようやく咲いた~咲いた~♪

ケイリドプシス・祥鳳(Cheiridopsis peculiaris)南アフリカ原産
2017.01.26室内暖部屋で実生した苗がどうにか生き残り、3株だけですが、大きな黄色美花が午後3時、開花しています。
ケイリドプシス・祥鳳(Cheiridopsis peculiaris)2017.01.26実生苗、午後3時頃開花しています。2020.03.25
横から花を見ますと、花蕊が見えない程、か細い花弁が密に立つ立体的な花形です。キレイ~♪
ケイリドプシス・祥鳳(Cheiridopsis peculiaris)2017.01.26実生苗、午後3時頃開花しています。2020.03.26
中を覗きますと花弁元は白色♪
ケイリドプシス・祥鳳(Cheiridopsis peculiaris)2017.01.26実生苗、午後3時頃開花しています。2020.03.25
2020.03.25、今にも咲きそうで咲かなかった蕾の様子。
ケイリドプシス・祥鳳(Cheiridopsis peculiaris)2017.01.26実生苗、ようやく花芽が付きました。なかなか開かない蕾姿。2020.03.25
種子から育て、ようやく開花成株になりした。次はこの花から種子を採り実生したいと思います。
嬉しくって、めちょくちょ楽しい~ッツ\(^o^)/

にほんブログ村

どうして咲いたの?ペトペンチア♪

ペトペンチア・ナタレンシス(Petpentia natarensis)原産地:南アフリカ
ペトペンチア・ナタレンシス(Petpentia natarensis)の花、室内日当たりの縁側で開花しています。2020.03.03
まだ咲かないとばかり思いこんでいました。ふと見ますと、あらま~冬期保温している室内日当たりの縁側で、少しだけ蔓枝と葉を維持してこっそり開花しています。我が家で初開花♪
ペトペンチア・ナタレンシス(Petpentia natarensis)の花、室内日当たりの縁側で開花しています。2020.03.03
節に蕾が4~5個付き、思ったより黄色で紫のぼんやり筋の入る気持ちフォッケア・火星人の花より大き目な地味花です。同じ環境で保温しているフォッケア・火星人は、温度が低いせいかやや落葉してみすぼらしい感じでいます。P.ナタレンシスはやや低温(保温部屋の温度は最低8~11℃、最高20℃窓際は25℃)で今回開花しています。暖冬のせい~?
ペトペンチア・ナタレンシス(Petpentia natarensis)の花、室内日当たりの縁側で開花しています。2020.03.03
塊根は直径既に9cmほどあります。入手した4年ほど前も大して変わらずこのサイズでした。咲かない咲かないと思い込み腐らせたくない一心でせっかくの夏季成長期、水やりも肥料も少なすぎた様に思います。今年は室内に取り込んでから20日に1回、40度くらいのお湯で薄めた液肥を与えていました。葉節を見ますと、まだあちこち花芽になりそうな兆しです。嬉しい~♪\(^o^)/
にほんブログ村

霜が降りなくて、ブルー花♪満開♪

プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、只今、満開花中♪
毎年、幾枝か庭の隅に放り投げておきますと勝手に根付き、地植えパワーでもりもり育ちます。そして年末辺りに尖った花芽が先端にたくさん見え始めるのですが、年が明けてマイナス気温に一度霜に当たりますと傷んでしまい花芽もダメになったりが多いです。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
昨年から霜除けできそうな生垣の下に鉢ごと置いていますと、暖冬のお陰様で凍らず茂ったやや紅葉した茎枝の花芽が次々と開花してなんとも言えずキレイです。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
プレクトランサス・アンボイニクスの様な甘い香りではなく、ややキツイ、ゼラニウム系の虫も食わない芳香がします。伸びた枝はぽきぽき折れやすく気根も地面際にビーボー生え強健です。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
いい景色~\(^o^)/。
にほんブログ村

ネットの中で弾けてる~それだけは真実~おおおおうううう~♪

プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)
ネットをかけて飛び散らない様にしていました。ようやく種鞘が弾けています。
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種鞘が弾けていました。2020.02.26
種子の様子、思ったより少ない粒数。
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種子の様子。2020.02.26
種子は冷蔵庫で5月初めまで保存しておきます。楽しみ~♪
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種子は冷蔵庫で5月初めまで保存しておきます。2020.02.26
プセウドリトス(自分で接ぎ木、ちゃんと育っている、実生苗は生き残り1つだけ~)、セロペギア・シモネアエ(大きな種鞘できています。)、スタぺリア(自分で接ぎ木、モリモリ育ってる♪)室内窓際で暖房保温中。今日は18日ぶりに室内観葉、多肉植物に希釈液肥を入れた40℃ほどのお湯水やりしました。
プセウドリトス(自分で接ぎ木と実生苗の生き残り1つ)、セロペギア(種鞘できています。)、スタぺリア(自分で接ぎ木)室内窓際で暖房保温中。2020.02.26
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)、見かけによらず大きな種鞘ができたのは昨年11月、未だ弾けていません。再び種子飛び散り防止ネットを被せておきました。これも楽しみ~
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)、種鞘ができたのは昨年11月、未だ弾けていません。2020.02.26
暖かすぎる2月も早終盤、室内保温中の植物たちは、一度落葉した葉がまた生え始めたりしています。ビルベルギア、リプサリス、洋ランなどなど時間差で春を先取りいろいろ開花しています。

世間はコロナウイルスの話題でもちきりですが、我が家は今のところ健康な平常生活を保っています。うがい手洗いは勿論、3食しっかり身体に良い食事を摂り、体を休める睡眠時間を十分確保して免疫力UPが万病の防除につながるのではないかと心がけています。エイエイオーッ!



にほんブログ村