FC2ブログ

実生苗~花が違う?

トリコディアデマ・紫晃星2018.08.30実生苗、2020年、約2年で開花苗に育ちました。
トリコディアデマ・紫晃星2018.08.30実生苗、2020年、春から開花しています。2020.09.30
観察しますと、紫晃星の花というよりも姫紅小松の花のようです。そしてこの花部分のほかに背が高く木立ちする苗が出ています。確かに紫晃星からの種子を蒔いたのですが、もしや突然変異の木立タイプが姫紅小松なのでしょうか~などと思ったりします。何株できているのか数えていないのでわかりませんが、花変わりや、斑入りなど出て来たりすると宝くじに当たったような気分になるのは私だけでしょうね~\(-o-)。当ってないけど~
トリコディアデマ・紫晃星2018.08.30実生苗、2020年、春から開花しています。紫晃星の花というよりも姫紅小松の花のようです。2020.09.30
ダルマ菊斑入り葉、6月に山野草コーナーで見つけたダルマ菊斑入りの葉を葉挿しと枝挿し木しておきました。今年は猛暑で気が付くと葉挿しは黒くなりダメになっていました。枝挿し木はどうにか根付き増えています。猛暑時期はやや日陰の雨の当たらない場所で養生しましたが、最近、日当たりの目の届くハウス間口付近に移動しました。花芽は秋そろそろ上がるのでしょうか。
ダルマ菊斑入り~6月に挿し木した苗がこんな姿に育っています。葉挿し木は暑さに消えたのか、葉挿し木はできないのでしょうか、ダメでした。2020.09.30
今日から、早くも10月、最低気温が15度を下回らないうちに、種を蒔いたり挿し木したり植え替えもしなければ~ア~ッという間に冬になっちゃうゾッと、ぞっとしているのであります。今月から自分なりに決意したことがあります。もうダメにした品の補充はしない、自家採取種子で実生などを楽しみ、増え過ぎている多肉植物を整理整頓(減らして)していく。でっきるかな?ひぃ~
にほんブログ村

エキノプシス接ぎのその後~維管束ってズラすの?

エキノプシス接ぎテフロカクタスアポロカクタス2種)2020.09.03~4週間程経過~2020.09.30
手前:新芽接ぎ、アポロカクタス・メラニー(赤花)、自分交配金紐×イースターカクタス。中央のメラニー接ぎが太く動き始めてきました。その他はまだメキメキは動いていない感じです。落ちてはいませんが、やはり左端はダメかしら~
エキノプシス接ぎ(テフロカクタス、アポロカクタス2種)2020.09.03~4週間後2020.09.30
↑中央、下から子吹して動いています。ワ~ッ♪
エキノプシス接ぎアポロカクタス・メラニー、新芽接ぎ2020.09.03~4週間後2020.09.30
手前:テフロカクタス、右端だけ動き始めていますが、他はそうでもなく、頼りない動きです。
エキノプシス接ぎ(テフロカクタス、アポロカクタス2種)2020.09.03~4週間後2020.09.30
テフロカクタス、右:実生苗接ぎ、維管束から穂木はズレているのでしょうか?ど真ん中~(ToT)
エキノプシス接ぎテフロカクタス、実生苗接ぎ2020.09.03~4週間後2020.09.30
この2つは動いているようなそうでもないような。用土の実生苗の方が大きく育っているかも~
エキノプシス接ぎテフロカクタス、実生苗接ぎ2020.09.03~4週間後2020.09.30
維管束から穂木を一部だけ重ねてズラした方がつきやすいことを後から知りました。ただ維管束の中央に乗せてしまったので、これはダメなの?と思いましたが、これらは繋がっているのでしょうか?ややズレてうまくできているのでしょうか?。ずらした方がもっと成長していたなら次はズラさなくては~ひぃひぃ~(ToT)。実はキリン団扇接ぎも丁寧にど真ん中、中央乗せしていました。知った後はズラしてる~これだけは真実~♪。もっと接ぎたいですが、実生苗がまだ小さいで~す。

今日は午前中、昨日容器替え水替えした親メダカの様子を見ました。やや生体の動きが鈍く水が白く少し濁っていたりするので、その他に養生していたバクテリアが住み着いていそうな赤玉土に植えてある水草を足したり、透明なその他のビオトープ水を追加したりしました。その後はコノフィツムの種子取りをひたすら夕方までしていました。まだ採り切れてなひぃ~、明日も種子取りエイエイオーッ!


にほんブログ村

アッツという間に咲いています♪赤花マユハケオモト

赤花マユハケオモト、手:常緑葉タイプ、後:落葉タイプ
赤花マユハケオモト、手:常緑葉タイプ、後:落葉タイプ~2020.09.29
自家採取種子、実生苗、1年生。発芽から1年間、真夏猛暑時期も常緑で育っています。手前の大鉢は違う!
赤花マユハケオモト自家採取種子、実生苗、1年生~発芽から1年間常緑で生きています。2020.09.29
白花彼岸花もアッという間に満開中♪ちょっとピンクが入っています。
白花彼岸花満開中♪2020.09.29
今日は午前中から、屋外メダカビオトープ(発泡スチロール)の水草が育ち過ぎいっぱいで株分けなどしました。午後も水替え容器変えなどして夕方5時半、日暮れ終わってしまいました。メダカもそうですが、水草も増え過ぎて増え過ぎて・・・どうしたらいいの?状態です。もう秋の産卵は放置してこれ以上増えないようにしなければ~ひぃ~\(-o-)/。
にほんブログ村

ユーフォルビア・プラティクラダのこぼれ種キャッチャーの発芽苗、1か月後♪

ユーフォルビア・プラチクラダの花が鉢からはみ出した枝にたくさん咲いて種子がたくさんできていました。用土を敷いたこぼれ種キャッチャーに置いてこぼれ種が用土の上に落ちるようにしているとたくさん発芽していました。
ユーフォルビア・プラチクラダの花が咲いているので、こぼれ種キャッチャーに発芽中~その後♪この発芽苗は何でしょう?2020.09.28
発芽1か月後~よく見ますとまだら模様がしつかり出ています。↑赤●部分?この発芽苗はちょっと草姿が違うようです。
ユーフォルビア・プラチクラダの花が咲いているので、こぼれ種キャッチャーに発芽中~その後♪2020.09.28
↑赤●部分、この発芽苗は何でしょう?プラチクラダではないように見えます。
ユーフォルビア・プラチクラダの花が咲いているので、こぼれ種キャッチャーに発芽中~その後♪この発芽苗は何でしょう?2020.09.28
2019年1月、室内暖房部屋でこぼれ種発芽していた苗は1年でこんな姿に成長しています。
ユーフォルビア・プラチクラダ、2019年1月、室内こぼれ種発芽苗の成長~2020.09.28
今朝の最低気温は15℃台でした。日中晴れますと日向の気温はぐんぐん上がります。蓋を閉めていた実生幼苗バットは危うく、大慌てで煮えないように、つっかえ棒をして通風をはかりました。ひぃ~。
ビニールで上蓋をした実生苗養生バット、9月秋晴れ気温が上がりつっかえ棒をして、慌てて蓋を開けました。2020.09.28 
午後3時半には陰っていたので、また閉じて夜間は保温します。そして~また朝明ける~ひぃ~忘れないようにしなくっちゃ~\(-o-)/。私は、もしかしてだけど~もしかしてだけど~案外ど暇かもしれないんじゃないのォ~?ヒョエ~

にほんブログ村

何かに食われてる~ブルビネの新葉・・・&危うい実生苗(ToT)/~~~。

ブルビネ・メセンブリアンテモイデス(Bulbine mesembryanthemoides)
ようやく涼しくなっている今日この頃です。枯れずに残った新葉が展開してきたかと思ったら、なんと!欠けて食われてる~(ToT)。カタツムリかも・・・ナメキールと芋虫殺虫剤はばらまきました。中身は透明メロンゼリーのようで~す。ひぃ~。
ブルビネ・メセンブリアンテモイデス(Bulbine mesembryanthemoides)新葉欠けて食われてる~2020.09.25
今年の梅雨から真夏を振り返りますと、7月末まで長梅雨で涼しさが続く生育期でした。梅雨が明けると本当は暑さに休眠して上葉が無くなることがあるのですが、風通し良く遮光していると案外完全休眠せず葉が残ることも多いです。去年もやや上葉が小さくなりましたが葉を残しての夏越しでした。
(Bulbine mesembryanthemoides)~2020.09.25
今年、梅雨明け後、8月、9月1週目まで記録的猛暑が続きました。ですが、庭木の百日紅の葉が茂る夏だけ日陰位置の簡易ビニールハウス内に置き、遮光ネットも一応して冷涼期生育型多肉置き場に入れて通風も図っておくと、こんな猛暑の中でも完全落葉せず夏越できた感じです。日照不足で葉がぴょろぴょろ~徒長しています。
(Bulbine mesembryanthemoides)セロテープで留めて種子キャッチしていた実生苗も発芽始めました♪2020.09.25
ただ初めに発芽し始めた実生苗の調子が・・・溶けそう~(ToT)/~~~。第2弾のセロテープで種子飛び散りキャッチャーしていた種鞘を揉んで捲いておくと↑茶鉢、今頃発芽始まっています。は~ッ、自家採取実生苗ちゃんたち~お願いよ~これから初夏まで元気に育っておくれ~。猛暑は過ぎた!大丈夫ダイジョウビ~
にほんブログ村