FC2ブログ

category: プテロカクタス  1/3

日照不足のせい?生育が良くない、春秋成長型ミニサボテン

プナ・白鶏冠(Puna clavarioides)左、プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus)、右どちらもアルゼンチン原産で春・秋期成長型、真夏は小休眠するようです。今年は日照不足と長雨で多湿が続くので今まで水やり少なくしていました。白鶏冠は挿し木苗を頂きもう7年ほどになりますが、未だこんな大きさです。一度キリン団扇接ぎ木成功し急速成長してセッカ茎節が出ましたが、翌年接ぎ下しがうまくいかず腐ってしまいました。自...

  •  0
  •  0

塊根はできているのに、上がイマイチ?

プテロカクタス・黒竜これが親株、見えるように塊根上部を出して植えてあります。太目な親指くらい二股に分かれ長さ9㎝程、結構深くまで塊根ができています。小鉢は親株の挿し木苗です。植え替え時塊根を確認しましたが、これらもそこそこな5~6cm長さ、小指より太めな塊根ができています。我が家では、地上部が枯れそうで枯れず一年中生えています。寒い時期は枯れても問題ないようで、春暖かくなると新茎節が茂りその方が開...

  •  0
  •  0

これでいいのやら?枯れそうな古枝と元気な新枝が一緒ちゅ~

プテロカクタス・黒竜→塊根の大きさを調べた記事昨年の枯れそうな古枝と今年の元気な新枝が一緒に生えて残っています。今年、2月の枝先が枯れてきた頃の方が、地上部が元気に見えるのですが・・・。それほど寒くもない冬の水やりが足りなかったでしょうか。ひぃ~(-o-)寒さに当たると地上部が枯れて冬越すようですが、簡易ビニールハウスに入れていますと、常に茎節がある状態です。このように、前年成長枝が変色してきたら元気な...

  •  0
  •  0

枝先が枯れて・・・

プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus = kuntzei)北アルゼンチン原産屋外軒下でない簡易ビニールハウス内で一年中、日に当てながら雨避けして育てています。冬期は間口の側面ビニールを閉じて防寒しています。挿し木で増やし、更に胴切りして分岐枝を出させ、ようやくある程度育ってきました。今年は、振り返れば暖かいですが、激寒日もあろうかと断水していますと、シャカシャカした枝先が見ると萎びて枯れてしまいまし...

  •  3
  •  0

なんとなく~先細り&もと縮み・・・

プテロカクタス・黒竜(Pterocactus tuberosus=kuntzei)今年の春は、もっと花芽ができると思ったのですが、1輪だけしか開花しませんでした。くすんだ肌色黄色のような私好みの花でした。今年は6月末から驚く異常猛暑でサボテン簡易ビニールハウスも長期遮光ネットして夏越ししました。猛暑日中は水を与えられないので、夕方陽が落ちる頃水やりしていた記憶です。冷涼期生育型のようですが、猛暑の後、強台風が10月に2度も来て...

  •  0
  •  0