FC2ブログ

category: ★ガガイモ科  1/25

ネットの中で弾けてる~それだけは真実~おおおおうううう~♪

プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)ネットをかけて飛び散らない様にしていました。ようやく種鞘が弾けています。種子の様子、思ったより少ない粒数。種子は冷蔵庫で5月初めまで保存しておきます。楽しみ~♪プセウドリトス(自分で接ぎ木、ちゃんと育っている、実生苗は生き残り1つだけ~)、セロペギア・シモネアエ(大きな種鞘できています。)、スタぺリア(自分で接ぎ木、モリモリ育ってる♪)室内窓際...

  •  0
  •  0

蒔いたらすぐ発芽♪

ディスキディア・ぺクチノイデス(カンガルーポケット)見るともう、種子が弾けていました。羽種子を取り、もう飛び散らない様ネットをかました。黄色い熟れた鞘も割ると羽種子がたくさん採れたので、一緒に水コケに直ぐまきました。2019.09.05から2日、今日もう発芽しています\(^o^)/。見えない~私には見える~♪。リベンジ~9・10月でどのくらい育ってくれるか観察します。ハオルチア・酒井レンズコンプト(左)、ハオルチ...

  •  0
  •  0

コバエがぶんぶん~&日陰でも十分育つかしら~

セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)マダガスカル南部産古い枝は、やや茶色から黒くなり結構硬い感じです。今年新しく伸びた枝は見た目より柔らかく、細く蔓様になった枝先に開花するようです。画像では見えませんが、C.サンダーソニーの花にはコバエは来ませんが、C.シモネアエにはコバエがぶんぶん飛びます。こんな花~(^o^)一緒に置けば受粉するのではないかと思いますが、未だ結実を見たことはありません。ハート...

  •  0
  •  0

暑いのが好きで、寒いのはダメ~

カラルマ・スペシオーサ(Caralluma speciosa)、熱帯アフリカ、東アフリカ、ケニア、タンザニアそこそこ大きく育ってきました。用土が合わないのか、高温期でもぐんぐん伸びません。株元からみずみずしい新枝が出て増えています。かなり寒さに弱いので、気温10度を下回りそうな頃には、室内日常暖房部屋に取り込み、断水して暖かく冬越し春まで室内で維持しています。屋外に出すにも気を使い、ゴールデンウイーク明けくらいに心...

  •  0
  •  0

爪楊枝を極細に割き、花の隙間を突き刺してみた!

プセウドリトス・ミギウルティヌス、自分で接ぎ木(2017.05.21)苗接ぎ木して丸2年が経過しました。やはり接げていますと腐る心配が無いように思います。台木含め耐寒性が無いので冬は8度を下回る前に室内日当たりに取り込み冬越しています。冬期保温して過ごしますと、初夏からの生育もとてもスムーズです。花の構造にいつも悩み、どうしたら種子が採れるのか調べているのですが、副花冠花などイマイチよく理解できません。ダメも...

  •  0
  •  0