プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki

現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!
バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!
ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。
性格は目分量&おおざっぱです
よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
月別アーカイブ

ディスキディア・ヌンムラリア実生苗の今は・・・

ディスキディア・ヌンムラリア(Dischidia nummularia)実生苗→前回記事

綿種が取れた後、2017.08.31、09.08、09.11、直ぐに発芽するので3回種まきしました。素焼き鉢よりも、ポリポット苗の方が、どう見ても生育がいい感じです。
11月終わりに室内に取り込み、最低気温10℃、最高気温20℃保てる日当たり良い日常暖房部屋に置いています。実生苗は厚手のビニール袋に入れたまま水ゴケにたっぷり水やりして洗濯ピンチで口を閉じ、常に湿ったままですが、調子が良い感じです。

◆ディスキディア・ヌンムラリア(Dischidia nummularia)実生2017苗♪2017.12.29
ディスキディア・ヌンムラリア実生苗♪2017.12.29


本当は、D.カンガルーポケットもしっかり育て、実生をしたいのですが、暖かい暖房部屋に置いていても元気にならず、毎年悩みのタネです。やはりかなり高温と常湿度も必要なのでしょうか。D.ヌンムラリアと同じようにポリポットに移して厚手のビニール袋に入れて同じように蓋をしてみようかしらとなどと、進歩なく(-o-)、イヤ!ビミョ~でも進歩してるはずよ~毎年あれこれ考えているままで~す。まっいいか~♪


■屋内・外気温

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温3.5℃、昨日の最高気温26.3℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温1.9℃、昨日の最高気温10.5℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温9.5℃、昨日の最高気温22.8℃

*今朝の天気 なんとなく曇り。


今年もまた1年、ご訪問、コメントいただきました皆々様~いつもありがとうございます\(^o^)/♪

どうぞ~年末年始、ご自愛なさり、健やかな新年をお迎えくださいませ~♪

では~、特に何も変わらず♪また明日~♪うふふ~♪





テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: ディスキディア・ヌンムラリア実生苗

面白いセダム交配種♪■セダム・ジョイス・トゥロフ?ツロッチ?ドロップ?(sedum "Joyce Tulloch")紅葉ちゅう\(^o^)/♪

■セダム・ジョイス・トゥロフ?(sedum "Joyce Tulloch")→詳しい関連サイト
それらしき過去の記事

詳しい関連サイトによりますと、↓交配種の様です。
Sedum verusadense(セダム・スプリングワンダー?)×sedum lucidum(セダム・緑の松)
そして、品名は発見者または交配作者様のお名前でしょうか。

セダム・ジョイス・トゥロフ(sedum

最近、何かに似てる、アレあれよ~?なんでしたっけ?スプリングワンダーをなかなか思い出せず・・・困っちゃうな~どおっしましょ~♬なんちゃって~\(-o-)/。じーっと眺めてみますと、スプリングワンダーに角ができ、垂れずに起き上がり細く木立ちしている面影アルアル風です。画像ではわかりにくいのですが、セダム・リトルジェムにも何となく似ている感じもします。ですが微毛がじっくり見るとあるのです。

セダム・ジョイス・トゥロフ(sedum

ベランダの雨避けをしてあるビニールトンネル内で、夏には緑だった多肉たちが赤くなったり黄色くなったり鮮やかに紅葉しています\(^o^)/♪その他、多肉いろいろ~

↑■セダム・ジョイストゥロフ(右手前)↑■エケベリア・月錦(左)
↑■エケベリア・ピーチプリデ(んんとなく黄色、中央)■カランコエ・セイロンベンケイソウ(右後)



■屋内・外気温

屋外IN:4坪温室内★今朝の最低気温1.5℃、昨日の最高気温14.1℃(無暖房)曇りで気温上がらず
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温0.5℃、昨日の最高気温7.6℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温9.5℃、昨日の最高気温23.4℃

*今朝の天気 穏やかに晴れ。


テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: セダム交配種

冬越しちゅう~♪マツカサアナナス株分け苗&実生のその後・・・

 ■アカントスタキス・ストロビラケア(Acanthostachys strobilacea)マツカサアナナス株分け苗前回記事

家裏、軒下の簡易ビニールハウス内にまだ置いています。今のところ元気です。原産地が、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの高地、熱帯な様で、室内に取り込むのが無難と思いながらまだ屋外です。この鉢内にこぼれ種があった様で2~3苗柔らかい葉が生き残っています。毎年思ってはいるのですが、高温成長時期に肥培したいのですが、なかなか水やりも少なかったりで、ぐんぐん成長させられていません。来年も地道に育ってくれたら思います。

アカントスタキス・ストロビラケア(Acanthostachys strobilacea)マツカサアナナス株分け苗~2017.12.29

■マツカサアナナス実生苗

前回記事では、葉のダメージは見えませんでしたが、高温夏期、たった一日、短時間だけフタをしたまま蒸れてしまい、苗がかなりヘタっていました。その後なんとか生き残ってはいるのですが、良い状態とは言えません。現在、暖房の入る室内で養生中です。生き残りを何とか成株までできるよう努力します(-o-)。

アカントスタキス・ストロビラケア(Acanthostachys strobilacea)マツカサアナナス実生苗・・・2017.12.29


■屋内・外気温

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温1.2℃、昨日の最高気温25.0℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温0.7℃、昨日の最高気温8.3℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温8.6℃、昨日の最高気温22.7℃

*今朝の天気 やや曇り。陽射しがないと寒い~(-o-)





テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: アカントスタキス・ストロビラケア(Acanthostachysstrobilacea)マツカサアナナス株分け苗実生苗

冬の赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) は只今こんな感じに成長期♪&葉が出た後に花が来る!初冬咲マッソニアは開花ちゅう~♪

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) →詳しい関連サイト

手前、かなり幅広葉の大きい球根、2鉢は、落葉休眠せず一年中常緑でいます。→「秋開花の記事」この2株は、今年も秋にやや薄目の赤い花を咲かせました。これとは別に、奥の葉幅広くない球根は、手前の株と同じように育てていても、秋に葉が出てから晩春につれ次第に枯れる夏休眠タイプです。

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) の冬葉、常緑葉、または開花後、葉が出て秋から春まで葉を茂らせています。2017.12.24

■赤花、ピンク花の眉刷毛オモト(左側)↑奥、↓→落葉したまま秋に花芽を上げる記事

葉が夏に枯れる休眠タイプ球根は、板橋の物流センターで多肉ビッグバザールが開催されている頃入手しました。本当のこと言いますと、昨年、1球根花芽ができたくらいで、今まで2回くらいしか開花を見られずに、未だうまく育てられずほぼ開花できていません。(球根がまだ小さかったせいもあるでしょうか)

昨年は、寒さに痛めない様、常緑タイプトと一緒に室内に取り込み葉は茂っていました。水やりをほぼせず萎びた葉のまま春まで過ごし、葉があったものの球根に養分が届かない感じで気の毒でした。今年は、4坪のビニールハウス内、緩やかに日当たる棚下の梨地ビニール越しに置き、用土が乾けば水やりして葉を育てるようにしています。これから4・5月まで水やりしながら葉を育て、暑くなるにつれ葉が枯れ6~8月休眠期は水やりしないで秋を待ち、来年こそは、落葉型の球根すべて、開花できるようにしたいです~となんだか毎年言ってるダケ・・・~早くヤレ~\(-o-)/。

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) の冬葉、常緑葉、または開花後、葉が出て秋から春まで葉を茂らせています。2017.12.24


■マッソニア・ロンギべス~今時期、開花中♪
蕾が出始めの記事この頃~白筋アマリリスは開花し始め~2017.12.02

マッソニア・ロンギべス~只今、開花中♪2017.12.24


今更ですが、分けて違いを区別してみますと、
①葉よりも先に花が咲く夏落葉型秋咲き球根(赤花眉刷毛オモト、コッキネウス系)
葉も周年保ちながら秋咲きする球根(白花眉刷毛オモト、↑と交配種など)、
③秋に葉が出始めてから花芽を上げる初冬咲の球根(マッソニア、ラケナリア)、
半常緑で晩春まで成長期、夏にやや休み、秋~初冬に花を咲かせる(白筋アマリリス)

南半球生まれの球根で、南半球では北半球と季節が逆転するので、ややこしいですが、北半球では
*10月~4・5月まで、葉が出る生育期→*6~8月、葉が枯れ休眠・半休眠期→*9~10月、花期及び葉が出る生育期の始まり

なのかしら・・・あってるかしら~だから~今、茂っている葉をしっかり晩春まで育てネバネバネバネバ~♪


■屋内・外気温   今年一番の冷え込み最低気温更新!!

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温0.7℃、昨日の最高気温17.9℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温-0.7℃、昨日の最高気温6.7℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温8.4℃、昨日の最高気温22.0℃

*今朝の天気 晴れ。今年一番、屋外最低気温更新!、穏やかに晴れ。
  

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: 赤花眉刷毛オモト(Haemanthuscoccineus)冬葉常緑葉開花後葉が出る南半球と季節が逆

♪エケベリア・久米の里の木&グストの木、などなど~簡易ビニールハウス内の多肉、置き場もいろいろ♪

■左:エケベリア・久米の里の木♪、■右:エケベリア・グストの木(緑色、小型木立エケベリア)♪

左:エケベリア・久米の里の木♪、右:エケベリア・グストの木♪2017.12.26

↑↓多肉植物いろいろ~♪簡易ビニールハウスの中が色とりどりで良い感じの景色です♪。
ただ、ここは軒下ではないので、耐寒性がない品が、たまに凍結することがあります。建物の屋根があるか無いか、断水しているか否かで、微妙に凍結被害がでなかったり出たりしています。↓

色とりどりの多肉植物、簡易ビニールハウス内で紅葉ちゅう~♪2017.12.26


コチレドン・猫の爪~オレンジ色の花芽♪■キアノティス・銀毛冠(中央)、■クラッスラ・ルドリッツ(左手前)↓ここは、家建物の軒下にかかっている簡易ビニールハウス内で、やや寒さに弱い品を入れています。

■コチレドン・猫の爪~オレンジ色の花芽♪■キアノティス・銀毛冠、■クラッスラ・ルドリップ~2017.12.26



■屋内・外気温

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温2.5℃、昨日の最高気温21.9℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温2.1℃、昨日の最高気温10.2℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温9.1℃、昨日の最高気温27.3℃

*今朝の天気 晴れ。昨日はかなり強風。今朝は少しおさまりそうな強風。

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: エケベリア・久米の里グストキアノティス・銀毛冠コチレドン・猫の爪

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
▼ クリック~リンク一覧を表示