プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki

現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!
バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!
ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。
性格は目分量&おおざっぱです
よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
月別アーカイブ

霜が降りなくて、ブルー花♪満開♪

プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、只今、満開花中♪
毎年、幾枝か庭の隅に放り投げておきますと勝手に根付き、地植えパワーでもりもり育ちます。そして年末辺りに尖った花芽が先端にたくさん見え始めるのですが、年が明けてマイナス気温に一度霜に当たりますと傷んでしまい花芽もダメになったりが多いです。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
昨年から霜除けできそうな生垣の下に鉢ごと置いていますと、暖冬のお陰様で凍らず茂ったやや紅葉した茎枝の花芽が次々と開花してなんとも言えずキレイです。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
プレクトランサス・アンボイニクスの様な甘い香りではなく、ややキツイ、ゼラニウム系の虫も食わない芳香がします。伸びた枝はぽきぽき折れやすく気根も地面際にビーボー生え強健です。
プレクトランサス・ネオチラス(Plectranthus neochilus)原産地:南アフリカ、満開花中♪2020.02.28
いい景色~\(^o^)/。

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: プレクトランサスブルー花

ネットの中で弾けてる~それだけは真実~おおおおうううう~♪

プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)
ネットをかけて飛び散らない様にしていました。ようやく種鞘が弾けています。
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種鞘が弾けていました。2020.02.26
種子の様子、思ったより少ない粒数。
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種子の様子。2020.02.26
種子は冷蔵庫で5月初めまで保存しておきます。楽しみ~♪
プセウドリトス・ミギウルティヌス(Pseudolithos migiurthinus)、種子は冷蔵庫で5月初めまで保存しておきます。2020.02.26
プセウドリトス(自分で接ぎ木、ちゃんと育っている、実生苗は生き残り1つだけ~)、セロペギア・シモネアエ(大きな種鞘できています。)、スタぺリア(自分で接ぎ木、モリモリ育ってる♪)室内窓際で暖房保温中。今日は18日ぶりに室内観葉、多肉植物に希釈液肥を入れた40℃ほどのお湯水やりしました。
プセウドリトス(自分で接ぎ木と実生苗の生き残り1つ)、セロペギア(種鞘できています。)、スタぺリア(自分で接ぎ木)室内窓際で暖房保温中。2020.02.26
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)、見かけによらず大きな種鞘ができたのは昨年11月、未だ弾けていません。再び種子飛び散り防止ネットを被せておきました。これも楽しみ~
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)、種鞘ができたのは昨年11月、未だ弾けていません。2020.02.26
暖かすぎる2月も早終盤、室内保温中の植物たちは、一度落葉した葉がまた生え始めたりしています。ビルベルギア、リプサリス、洋ランなどなど時間差で春を先取りいろいろ開花しています。

世間はコロナウイルスの話題でもちきりですが、我が家は今のところ健康な平常生活を保っています。うがい手洗いは勿論、3食しっかり身体に良い食事を摂り、体を休める睡眠時間を十分確保して免疫力UPが万病の防除につながるのではないかと心がけています。エイエイオーッ!


テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: プセウドリトスセロペギア種鞘

爪楊枝で刺したら、どうなるの~

マミラリア・テレサエ(Mammillaria theresae)小型、メキシコ原産、高地性、大輪ピンク花。
子吹きさせてみたいと思いたったら吉日、爪楊枝で成長点辺りを何度も刺して潰すようにしてみました。
マミラリア・テレサエ(Mammillaria theresae)小型、高地性、大輪ピンク花。子吹きさせたいと思い爪楊枝で成長点辺りを何度も刺して潰すようにしてみました。2020.02.23
良いか悪いか分かりませんが、ルートン(発根促進剤)を爪楊枝の先端に付けて何度も刺してしまいました。中心部(成長点)を爪楊枝を傾けて円を描くように回し、執拗に刺した後も中心部をえぐるように穴開けたイメージです。
マミラリア・テレサエ(Mammillaria theresae)小型、高地性、大輪ピンク花。子吹きさせたいと思い爪楊枝で成長点辺りを何度も刺して潰すようにしてみました。2020.02.23
どの辺りから何日くらい経過すると子吹してくるのでしょう。じっくり張り込みます。楽しい~\(^o^)/♪

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: マミラリア強制子吹き芯えぐり

鉢上げしないでいたら・・・腐り欠けてる球根キュ~コ~ン

ハエマンサス(スカドクサス)・ムルチフローラ(春植え夏咲球根、赤花)
成長点を腐らせてしまった球根を洗い消毒して干しています。
昨年、春早く植え付けすぎて、なかなか動かずにいました。どうにか無事、初夏から順番に花芽が先に上がり、大きな真っ赤な花の後、葉芽も動き順調でした。(春植え夏咲赤花球根)晩秋まで葉があったので葉が大分枯れた後も暫く屋外におき雨に当ててしまっていました。寒さに弱い品なので12月半ばには雨の当たらない場所に移動しましたが、根土がやや湿ったまま乾いていないことに気づきながらそのうち乾くでしょうと植えたまま放置してしまいました。
ハエマンサス(スカドクサス)・ムルチフローラ(春植え夏咲球根、赤花)成長点を腐らせてしまった球根を洗い消毒して干しています。2020.02.17
結局、用土が乾かないままなので不安になり、植え付けていた中心部分を少し掘ってみますと(昨日の話)、ひぃ~ぬるり~にゅるり~と滑り嫌な臭いもなんとなくしているのです。またしても、あ゛~大慌てでひっくり返し全球根を確認しました。白い太根がたくさん生えた状態で芽の出る成長点辺りが黒い湿った用土に紛れて汚く酷く腐っているように見えました。ダメにするわけにはいかないので、全て鉢上げして水道水でゴシゴシ洗い赤く腐り痛んでいる部分はカッターで切り落としました。わ~やっちゃった~(ToT)。
ハエマンサス(スカドクサス)・ムルチフローラ(春植え夏咲球根、赤花)痛めてしまった球根を干しています。2020.02.17
一球、大部分が食害されたようにほぼ無くなっているにもかかわらず腐りは無く、薄っぺらに酷く欠けた球根片におやまあ~2子球できているのです。ほぼ球根が無いのに新球根ができているのを見て、四分の1くらい腐りかけた球根でもキレイに消毒して乾いてくれればきっと復活できる、キット大丈夫と気を取り直しました。
ここ2日、良いのやら悪いのやら我が家周辺は酷く強風で、洗った球根の表面は何とか乾いてくれました。表面に殺菌剤をまぶしてネットに入れ作業部屋に吊るし、暖かくなる春(5月始めくらい)まで保存しておきます。たまには屋外で陰干しもしようと思います。今年も植え付けてみますが、花芽が出なくても仕方ないと思い、葉芽が出たら葉を茂らせ球根に栄養補給をしなくてはと思っています。今年からは、葉が枯れたら早めに球根を掘り上げしっかり保存しなくてはと思います。ア~タ~シ~バカよね~超~おバカさんよね~後ろ指~後ろ指~刺さってる~ひぃ~(-o-)。

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: スカドクサス

大急ぎの大慌てで、鉢上げアゲ~

赤花マユハケオモト
手前:落葉タイプ。後:年中常緑タイプ。大きな葉が茂っています。
赤花マユハケオモト、手前:落葉タイプ。後:年中常緑タイプ。大きな葉が茂っています。2020.02.09
落葉タイプ、昨年咲いた株にタネができ、放置しているとこぼれて鉢内に出発芽しています。
赤花マユハケオモト(落葉タイプ)、昨年咲いた株にタネができこぼれて鉢内に出発芽しています。2020.02.09

赤花マユハケオモト(落葉タイプ)、昨年咲いた株にタネができこぼれて鉢内に出発芽しています。2020.02.09
常緑タイプの株元にも発芽苗しています。
赤花マユハケオモト、常緑タイプの株元にも発芽苗が出ています。2020.02.09
たくさんこぼれ種発芽していました。結構根が長く白い皮を剥くと艶々したタネです。
赤花マユハケオモト、たくさんこぼれ種発芽していました。2020.02.09
いっぱい鉢上げできました。あ~良かった。ところで何年程で開花するのでしょう。
赤花マユハケオモト、こぼれ種発芽苗鉢上げしました。何年で開花するのでしょうか。2020.02.09
それから、常緑タイプの大株を、思い切って株分けてしまいました。落葉タイプは昨年鉢増したので植え替えしませんでした。本当のところたくさん実ができたままにして、黒い種が薄い白い皮に覆われながら萎びていることも分かっていたのに何もしないで放置でした。今年は、無加温屋外簡易ビニールハウス内で霜被害にあうことなく常緑タイプも落葉タイプも茂っています。株分けも、こぼれ種発芽苗鉢上げもどうにかできて良かった~♪。地道に~地道に~アゲアゲ~育てよう~イェ~イ♪

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: 赤花マユハケオモト

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
▼ クリック~リンク一覧を表示