FC2ブログ

育てやすい洋ラン\(^o^)/同時にできてる真冬の花芽♪金鳳錦&エリドバンダ♪

屋外無加温、簡易ビニールハウスのあるある探索隊♪続き♪

昨年末~今年は、室内に取り込んでいる多肉、サボテン・観葉植物、去年よりもずっと少ないです。やはり簡易ビニールハウスのおかげで、先日の零下日に葉痛みした品も多々ありますが、今のところ大きな被害なく過ごせています。

振り返れば取り込み忘れている品もあり、その中で今回の洋ランが、くじけることなく花芽を上げていたので、こんな育て方でもいいのかしら?と少しは思っています。・・・花芽は枯れる寸前にできる?のかしら・・・まっいいか~♪

シンビジウム・シネンセ(Cymbidium sinense)金鳳錦(きんぽうにしき)

昨年3月に3株に分けておきました。思い返すと、昨年9月いっぱいまで簡易ビニールハウスが無く、屋外雨曝しでした。10月にはようやく雨避けができ、リプサリスなどとともに、乾いたら水やりはしていたつもりです。その後も、ビニールを閉じるまでは、1月も暖かかったので水やりは適当にしていました。2月現在、ハウス内で全く水々しくなくカリカリですが、チョコレート色の花芽ができています♪栄養不足にも違いなく、花は苦し紛れに咲く様で、見ても可哀そうな草姿です。


エリドバンダ・ムンディー(奥のこん棒葉洋ラン)&金鳳錦(シンビジウム・シネンセ)手前東洋ラン~花芽ができています♪2016.02.05シンビジウム・シネンセ(金鳳錦)屋外温室で花芽ができました(~_~)2016.02.05



エリドバンダ・ムンディー(Aeridovanda Mundy)

これまた、茎だか、葉だか、根だか、枝だか解らない、なんとも言えなく魅力的なこれでもランです♪・・・1月後半からは、日陰にあるハウスは閉じていて、ほぼ水やりせずでした。探索中、このミニ温室を覗くと、枯れちゃったかと思うほどカリカリの葉焼け風でした。これも昨年9月いっぱい雨野ざらしだったのが良かったのでしょうか、2つだけですが、花芽が見えます♪枝節の元を良く見ると、あるある~♪突起物がこんなほったらかし環境でできるなんて~♪萎びて可哀そうですが、こんな育て方でも花芽ができ、見かけよりも難しくない感じです。

 エリドバンダ・ムンディー、秘かに花芽ができ上がり中\(~o~)/2016.02.05

上2品とも、暖かい室内に取り込んで水やりしたら直ぐ咲いてくれそうですが、屋外はハウスの中といえど日暮れるとマイナスに行くか行かないかの寒い真冬です。このまま屋外ハウス内で、暖かい日中、軽く葉水をして4月の開花までじっくり待とうと思います。

先月25日のマイナス1度気温にもすでに遭遇しているので、この場所で何とかなるわよ~と祈りながら、開花まで張り込み続けます(^-^)

・・・水やりの悩み所・・・空中湿度・・・地面に水やりしようかな~♪





にほんブログ村

0 Comments

Post a comment