プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki

現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!
バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!
ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。
性格は目分量&おおざっぱです
よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
月別アーカイブ

とっても甘い香り♪寒さに弱いP.アンボイニクスは、室内で冬越せば大丈夫\(^o^)/

今朝の最低気温*5.4度♪~久々の鈍曇り空ですが、暖かい朝です。


我が家は、南西向きのサッシから冬の低い日差しが日中横切ります\(^o^)/♪。なので、縁側の窓辺はよく日が射し、晴れれば室内20度以上になり、暖房を入れなくても十分暖かい環境です。(雨や曇りは寒いです~当たり前だ~)

耐寒性のない観葉・多肉植物は、そんな縁側にアイアンラックを置き、4段棚にして取り込んでいます。生活部屋は朝晩暖房を入れ常に温度上昇し、1月でも植物が育ちはじめてしまい、水やりしないと、乾いてカラカラになってしまうのが難点です。洋ラン、ホヤ、プレクトランサス、モナデニウム、ディスキディア、セロペギアなどなど。たまには水やりしないと水切れて枯れそう~・・・

プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus)
 過去の記事

昨年11月23日(11月に雪予報が出た日が24日)から室内縁側、棚上段に置きっぱなしです。下ろしてみると寒さに当っていないため意外と元気に茂ったままです♪

◆プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus) 2017.01.19 ◆プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus) 2017.01.19  

P.ネオチラス、アロマティカスよりも耐寒性がなく、5度以下に気温が下がると葉がなんとなくヘタリはじめ、そんな時に水やりするとヘタヘタになってダメになることもあります。なので、最低気温が10度以下になるころには、簡易ビニールハウスに入れたり、5度以下には室内に取り込み痛まないようにしています。室内1か月以上、断水放置しても温度があれば落葉していません。

↓ビニールハウスから、室内取り込みが遅れ、葉がヘタってしまった株です。暖かい室内で少し回復し脇芽が動いています。昨日中暖かかったので切り戻して掃除、挿し木もしておきました。

◆プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus) 2017.01.18 ◆プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus) 2017.01.18
◆プレクトランサス アンボイニクス 斑入り種 (Plectranthus amboinicus Variegatus) 2017.01.19


屋外、最低気温が8度を下回らなくなるころまで、暖かい縁側日当たりでこのまま春を待ちます♪

  

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: プレクトランサスアンボイニクス斑入り種(PlectranthusamboinicusVariegatus)寒さに弱い室内日当たりで冬越しとっても甘い香り

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
▼ クリック~リンク一覧を表示