FC2ブログ

メセン他、実生苗のその後~帝玉、祥鳳、花錦、ダドレア、6月末梅雨の晴れ間

■プレイオスピロス・帝玉(実生2016.11.16)~
帝玉帝玉の親株、痛めて挿し木した苗は、結局2苗しか生き残っていません。大粒の2苗が挿し木の生き残りです。手前は新葉が出ているので大丈夫と思われますが、未だ新葉が出ていない片方が心配です。実生苗は何とか生きています。根土が乾けば、たっぷり水やりしています。

■プレイオスピロス・帝玉(実生苗2016.11.16)~2018.06.25


■ケイリドプシス・翔鳳(左四角)、アロイノプシス・花錦、実生苗(2017.01.26)、帝玉(左下)
こちらも、乾けば水やりしています。ケイリドプシス・祥鳳は、よく見ると休眠皮を被っているのですが、まだ小苗なので水やりしていると、これまた皮が、黒くカビています(-o-)。アロイノプシス・花錦も水やりしている割に葉が小さく縮み、このところ生育不良な感じです。

■ケイリドプシス・翔鳳(左四角)、アロイノプシス・花錦、実生苗(2017.01.26)、帝玉(左下)2018.06.25~

↑■ダドレア・ブリトニー実生苗(左下)(2017.01.26)→まだ育っていた頃の記事2018.01.29
残念ですが、もう1苗しか生き残っていません。たくさん蒔いたのに~・・・

どの実生苗も、1月29日の状態の方がまだ良かった感じがします(>_<)。これが現実なので仕方ありません。生き残りを大事に成株になんとか育てなくては・・・ジリ瀕、水の泡まみれ~になってしまうので、当たらず触らずお世話しません\(-o-)/。右端↑フリチア・晃玉(株分け苗)は、夏型メセンらしく中心から濃いピンクの蕾を上げ始めています。

★今朝の天気♪ 梅雨の晴れ間。やや強い風が吹き湿った根土が乾いてくれそう~♪




にほんブログ村

0 Comments

Post a comment