プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki

現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!
バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!
ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。
性格は目分量&おおざっぱです
よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
月別アーカイブ

コバエがぶんぶん~&日陰でも十分育つかしら~

セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)マダガスカル南部産
古い枝は、やや茶色から黒くなり結構硬い感じです。今年新しく伸びた枝は見た目より柔らかく、細く蔓様になった枝先に開花するようです。画像では見えませんが、C.サンダーソニーの花にはコバエは来ませんが、C.シモネアエにはコバエがぶんぶん飛びます。こんな花~(^o^)
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)柔らかい細く蔓様になった枝先に開花♪コバエがぶんぶん飛びます。2019.08.25
一緒に置けば受粉するのではないかと思いますが、未だ結実を見たことはありません。ハートカズラの紫花には今まで何度か角種鞘ができたのを見ましたが、本当に稀な感じです。袋を剥いて蕊らしき部分を歯間ブラシで刺してみたりもしていますが、種鞘はできてきません。う~ん・・・。
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)柔らかい細く蔓様になった枝先に開花♪コバエがぶんぶん飛びます。2019.08.25
セロペギアは、理由なく自分のツボ植物で、花の構造がなんとも好きです。
セロペギア・シモネアエ(Ceropegia simoneae)中央、セロペギア・サンダーソニー、アンブリアータ(左)、キミキオドラ(右)花盛り♪2019.08.25
ハオルチア・ブラックレツーサ(2016.06.22実生)自家採取種子
屋外軒下4段棚下の一番奥に置いています。徒長してだらしなく見えます。実生3年ですが、植え替えず構わずでまだこんな草姿・・・(ToT)。かなり日陰なのに結構、黒い~♪
ハオルチア・ブラックレツーサ(2016.06.22実生)自家採取種子~2019.08.25
ハオルチア・コンプトニアーナ(赤線、大久保、ドラゴン桜など)葉挿し(2016.06.09)苗
同じく軒下4段棚下の一番奥に置いています。徒長してだらしなく見えます。もう葉挿し木して3年ですがまだこんな草姿(ToT)。いっぱいバラしたのですが、これしかありません。
ハオルチア・コンプトニアーナ(赤線、大久保、ドラゴン桜など)葉挿し(2016.06.09)苗~2019.08.25
上記植物は、屋外かなり日陰でもこんな感じに育っています。緑系の紅葉を楽しむタイプではない多肉植物は、室内のある程度日当たる場所でも問題なく同じくらいは育つように思います。ちなみにハオルチアは、1年中軒下4段棚下の一番奥に置いていますが、どれもそれなりに育っています。セロペギアも、冬は寒さに弱いので12月前半には(最低気温10℃下頃)暖房の効いた室内窓際に取り込みますが、12月から4月いっぱいまで室内でもこんな同じような色合いで十分育っています。
今日は、簡易ビニールハウスの遮光ネットを早めに取り外しました。最低気温が23度程、朝晩涼しくなってきました。秋の成長を遅らせないように太陽光にしっかり当てたいです。

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

タグ: セロペギアハオルチア

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
▼ クリック~リンク一覧を表示