FC2ブログ

白花眉刷毛万年青(しろばなまゆはけおもと)&ラケナリア~冬型球根!開花と芽吹き~

★雨がタップリ降りました!白花ハマエンサスが咲いています!

だからって~ウ~ウウウ~ッって訳ではありませんが、水やりしなくて良かった~と観葉通り?を眺めていたら種ができてる白花眉刷毛万年青(しろはなまゆはけおもと)とまだ花が咲いているのがそれぞれありました!イェイww

ヒガンバナ科  白花マユハケオモト(白花眉刷毛万年青)しろはなまゆはけおもと(Haemanthus albiflos)2011.10.21 

↑もう6年くらいマンマなのです。・・・子株がいくつも出来てキューキューです!こういうのは液肥をあげたら良いのやら?球根なので葉っぱをしっかり日光浴させて育ててあげた方が良いのやら?・・・ほぼ放置していますが、毎年9~10月に咲いてくれます。

ヒガンバナ科  白花マユハケオモト(白花眉刷毛万年青)しろはなまゆはけおもと(Haemanthus albiflos)2011.10.21 

先に種になってしまった株の方が日光浴&天然雨に当たっているかしら~。同じ白花眉刷毛万年青なのですが、葉の肉厚舌状葉が上の群生株より幅広いような気もしますw一足先に開花して気が付くとおやまあ!種らしき実もできていますよ!まだ緑実なのでしっかり種になるまで観察してみようと思っています!

★ヒガンバナ科 白花マユハケオモト(白花眉刷毛万年青)(Haemanthus albiflos)
 =ハエマンサス・アルビフロス~南部アフリカ原産

眉刷毛とは,昔のお化粧道具?白粉を塗った後に眉毛などについた白粉を払うためのハケに似ているのから眉刷毛というらしいです。
生育期は冬型になるようですが、この白花種は年中常緑(たまに寒さに当たり葉が痛んだりします)微うぶ毛の生えた葉を広げて球根鱗茎)に養分を蓄えているようです。似た葉を持つ赤花種(コッキネウスなど)は夏に葉が枯れて休眠する(家のは花芽が上がってから新葉が出てくる)正に冬型種らしいです。白花ハマエンサスは丈夫で育てやすく自家受粉もして種蒔き、分球株を分けたり育てやすい品種のようです。



★面白い花の咲くラケナリア~2種芽吹いてきました!

左~ユリ科 ラケナリア(ラシュナリア)属 スプレンディダ(Lachenalia splendida) 、右~ラケナリア(ラシュナリア)属 アロイデス(Lachenalia aloides var. aurea) 2011.10.21

●左~ユリ科 ラケナリア(ラシュナリア)属 スプレンディダ →前回記事
(Lachenalia splendida)ブルーとピンクの可愛く涼しい花が咲きます。

●右~ユリ科 ラケナリア(ラシュナリア)属 アロイデス
(Lachenalia aloides var. aurea) 始めはブルー~オレンジ~赤~黄色~と花色がどんどん変化する長期間開花が楽しめます。
 
どちらも根土がパチパチパッツン♪なので・・・今さら~分けようかしら~どうしようかしら?考えチュで~す!あっそうか~!一回り大きい鉢に植え替えればいいのかしら~?どんなもんでしょ?あまりパチパッツンだと・・・お花が小さくなる?でしょでしょでしょ~?!wwン~早く早く決断せネバ~ネバ~ッ!・・・そのまんまで・・・今年は乗り切っちゃおうかな~ァ><その後、動きがありましたらレポしま~す!ノドもと過ぎたら熱さ~忘れた~!晴れてくれない鈍曇り~涼しい秋にカンパ~イ!おしまいです!

にほんブログ村

0 Comments

Post a comment