プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 帝玉も( 一一)ああ、ダメ~追記です

プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 帝玉よりも一見危うそうですが、猛暑を持ちこたえどうにか苦し紛れに開花しています。開花したら溶けたりして・・・。もう遮光ネットを外し太陽光に当たっているので回復して欲しいです。
プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 帝玉より猛暑を持ちこたえ危うく開花しています。2023.09.30
右2列 プレイオスピロス 帝玉 Pleiospilos nelii 2018年実生苗 猛暑の夏に1苗残しあ~あ、溶けてしまいました( 一一)。昨年開花の種子があるのでまた実生してみます。別で実生小苗が幾つか生きているのでまた開花苗に育てたいです。中央 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 2苗生き残っていますが、危うさ満点。左2列はまだ目覚め前のマッソニア球根そろそろ動くはずですが~。
プレイオスピロス 帝玉 Pleiospilos nelii 2018年実生苗 右2列 猛暑の夏に溶けてしまいました。中央 青鸞 セイランPleiospilos simulans 開花しています。2023.09.30
プレイオスピロスは、何年か育てていると、開花して種子を2回くらい採取すると翌年夏に体力がなくなり、溶けてしまう様な、我が家での上手くできない栽培サイクルです。今回、帝玉、青鸞どちらも種子を採取できているので、実生して繋げるようにがんばりま~す( ̄▽ ̄)。
→昨年12月のどれも良い感じに育っていたころの記事・・・

コメント 0

There are no comments yet.
プレイオスピロス