プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 古葉から新葉が生えてきましたよ~追記♪

プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 南アフリカ ケープ州辺りが原産地のようです。10月、秋の開花後、危うそうな古葉から新葉が出てきました。過ごしやすい春秋が生育期かと思いますが、温室内などで、酷く高温になると休眠したりもするようです。通風確保しなければ~。涼しい時期だからと水やりのし過ぎも、球体が膨れすぎて腐る原因になるかもしれないです。
プレイオスピロス 青鸞 セイラン Pleiospilos simulans 南アフリカ ケープ州辺りが原産地のようです。秋の開花後、危うそうな古葉から新葉が出てきました。2023.12.10
現在、古葉から新葉が生え始めてきました。古葉の水分で新葉が育つようで、たっぷりは水やりしない方が良いのでしょうか。あ~あ、あげちゃってる~もう止めよう~新葉が大きくなるまで水やりしないようにしま~す。大きく膨れすぎている古葉は、辛うじて固くふにゃけていないのでキットカット大丈夫~ひぃ~( ̄▽ ̄)。

コメント 0

There are no comments yet.
プレイオスピロス