FC2ブログ

結構大粒のクリーム黄色花が咲きました!どうして?そこだけ花が咲いたの?・・・返事がな~い(´ヘ`;)リプサリス?

朝から調べごとをしてしまいました・・・もう眠いです・・・それに昨日ビニールハウス側面開けました(おそっ)。パッカー留め具がきつくて・・・留めるの外すの悪戦苦闘・・・起きると首も廻りません・・・筋肉痛~あ゛~(´ヘ`;)

気を取り直して~調べ事は結論よく解かりませんでした。目がしょぼしょぼしています。いいお天気なのにね・・・北側玄関通路春から雨曝しの葦サボテンがしょぼいけれど楽しそうに?咲いていました。私が咲いた咲いた~♪と楽しいのです!


過去の記事~リプサリス(Rhipsalis granduflora?)この種よりも一回り茎径が細い感じで緑っぽい茎です。 


リプサリス( Rhipsalis)葦サボテン~不明種~円筒状で毛が無く黄緑色意外と太い棒状です。花はポチポチした刺座のようなところから咲きます。リプサリス ディッシミリス( Rhipsalis dissmilis)(鬼柳・おにやなぎ)


自分の中では■リプサリス ディッシミリス( Rhipsalis dissmilis)(鬼柳・おにやなぎ)系?=■レピスミウム ディッシミリス(Lepismium dissmilis o neves armondi)若紫・わかむらさき?なのですが定かではありません。



リプサリス( Rhipsalis)葦サボテン~不明種~リプサリス ディッシミリス( Rhipsalis dissmilis)(鬼柳・おにやなぎ)系?=レピスミウム ディッシミリス(Lepismium dissmilis o neves armondi)?若紫?円筒状で毛


春先~気温の落ち着いた頃最低気温が10℃を上回り最高気温も18℃以上になってきたら屋外西日の当たらない北側あたりで雨曝し若しくはしっかり乾かさずとも乾いたら水やりして高温多湿の木陰をつくりしっとり育てた方が成長が良いのかしら~とこのごろ尽くずく思います。!


リプサリス( Rhipsalis)葦サボテン~不明種~リプサリス ディッシミリス( Rhipsalis dissmilis)(鬼柳・おにやなぎ)系?=レピスミウム ディッシミリス(Lepismium dissmilis o neves armondi)?若紫?円筒状で毛


円筒状の茎節が太い~やや太い~細い~もっと細い・・・品が多く定かな品種がわかりませんでした。この株も10年位前にとある園芸店で何種か水コケ植えにしてあったものを訳も解からずなぜだか惹かれ購入したものです!あっ!そうそう!この品も寒さにかなり強いです。リプサリス ラムローサや窓の梅~薄葉系の品は寒さでかなり傷んでしまいました。このこん棒円筒系は特に被害なしでした。

大きくなった割には花が満開してくれません。(´ヘ`;)なんとか良い環境を作り満開の花だらけに咲き誇るリプサリスをパシャリ~記念撮影したいで~す!





にほんブログ村

2 Comments

イビ  

No title

筋肉痛お大事にしてください。
前の記事にあった海外のリプサリスのサイトすごい!
いっぱい花が咲いてる。
グリーンネックレスみたいな育て方してますね。
遮光して多湿ぎみに育ててるのでしょうか?
肥料あげるのかな?
リプサリスを元気に育てる方法がよくわかりません(´ェ`)ン-・・

2012/05/19 (Sat) 00:52 | EDIT | REPLY |   

takoyashiki  

イビさんへ~( ^∀^)

おはようございます!

リプサリスどうしても乾燥気味に育ててしまい、枝葉も伸びず花もちらほら花着けば良い方で、私も悩んでいました。

バナナワニ園にて「いつ頃たくさん花が咲きますか」とお尋ねしたところ「酷く寒い時期(いつも暖かい園には無い)真冬意外ずーっとどれかしら咲いていますよ・・・」
「常に暖かいところならあまり乾かし過ぎない程度に水やりしないと水コケ植えでカリカリにしたら水コケが吸水しなくなり葉水だけしても水分不足で枯れてしまう」と教えて頂きました。高温多湿で常に育つ環境、そしてジャングルの木陰に着生しているので直射日光より木陰が良いとのことでした。常に温度と湿度があれば開花しているともおっしゃっていました。

なので今年は乾かし過ぎない程度に水やりタップリしてみようと私は思っています。ご参考までに・・・

あのサイトの花着きは・・・薬?肥料タップリ?ですかね~?あんなに咲いてくれたら~もう死んでもいい~♪うそ~よ~なんちゃって~♪あんなに咲かせてホント!みたいで~す!

2012/05/19 (Sat) 07:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック