FC2ブログ

開いている花を・・・見たことないのに種鞘が?あるのは何ででしょ?今年こそ克服したい~!カンガルーポケット♪

最低気温が20℃を超えてきました!気温27℃くらいまでならなんとか過ごしやすいです~♪高温多湿を好む観葉植物が元気に育ち始めてきました。

ディスキディア ペクテノイデス(Dischidia pectenoides)
カンガルーポケットフクロカズラ

フィリピン原産のガガイモ科着生植物で蔓を伸ばし木や岩に貼り付いたりして伸びます。葉とは別に血管の浮き出たような腎臓形の袋ができてこの中に水分を溜め込んだり、アリが入り込んで持ち込んだ有機物なども吸収し生育しているらしいです。赤ピンクの蕾は開いたのを見たことのない花をたくさん付けています。開かない花の跡には鞘インゲン角状の種を見かけによらず多く付けています。ガガイモ科の植物らしく種鞘が弾け羽毛の付いた種子がよ~く見るといくつもできて、既に弾けていたりします!


ディスキディア ペクテノイデス(Dischidia pectenoides)カンガルーポケット、フクロカズラ~赤ピンクの開かない花がたくさん咲いています!2012.06.21


可愛い赤ピンクの花芽がたくさんできていますが、開いた状態を見たことないのです?夜咲いているのかしら?それとも日が弱いので開かないのかしら?なのに~種鞘ができている・・・世界の七不思議~(´ヘ`;)・・・自家受粉でしょうか?・・・


ディスキディア ペクテノイデス(Dischidia pectenoides)カンガルーポケット、フクロカズラ~花の跡に角種鞘が?できています!2012.06.21 


葉の色と同じなのでヨ~ク見ないと気が付きません!とある園芸店で目撃しました!大きい角型の緑のままの種鞘が弾けて意外と細かい羽綿種が~飛び出していたのです!↑は種鞘のでき始め~もっと大きくなるはずです!


ディスキディア ペクテノイデス(Dischidia pectenoides)カンガルーポケット、フクロカズラ~花の跡に角種鞘が?できています!2012.06.21 


実を言うとこのディスキディア カンガルーポケット毎年毎年続けてダメにしています。もう何度も冬に枯れてしまい冬越しできたためしがないのです・・・あ~う~今年も性懲りもなく見つけて3株だけ入手しました。・・・

調べてみるとフィリピンの平均気温は25℃以上、最低でも20℃(高山岳部を除く)以上あるのです。・・・家では家の中でも冬場ダメになりました。13度以上でも・・・もしやダメなのかも・・・と最近確信してきました。 なので今年の冬はどしましょう?18℃以上を保つのはかなり難しい・・・エコライフでは越せそうもないです。あっ!そうだ~オカヤドカリハウスの中に~入れてもいいのかしら~?・・・日光が当たらないからだめかしら?う~ん・・・ハッポウスチロールの中に電気行火(あんか)入れて?ん~~~~難しい・・・かしら

寒くなるまでに・・・あまりお金をかけないで冬越しする術をなんとか考えなくては・・・あ゛~今年またダメならもういい加減~潔くあきらめ~ま~す!ちゃんちゃん!

種取れるかしら?取れたら撒いてみたい~です♪ダメもと~で楽しんで種が弾けたらまたレポしま~す!
 









にほんブログ村

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック