FC2ブログ

只今、実験ちゅ~

ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン
ブラジル南東部、熱帯。耐寒性があまり無いので、冬は日常暖房部屋の日の当たる窓際に取り込み冬越しています。細切れで挿し木した枝は、昨年11月末、室内に取り込む頃には、落葉して枝だけになっていました。日常暖房部屋でないと葉が茂らず落葉したままですが、最低気温が10℃以上、最高気温24℃な暖房部屋に移動しますと、あっという間に新葉が動きました。希釈液肥で水やりしますと、頂上芽にたくさん花芽ができ、もう開花し始めています。挿し木苗は、9cmポットで小さい枝ですが、頂上芽が花芽となり、小さな苗でも、ちゃんと咲いています。
 ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン)室内窓際で開花中、2019.02.10
実験中なのは、屋外、家屋沿い軒下の、無加温簡易ビニールハウスです。晴れれば日中ハウス内が30℃と高くなっています。大丈夫かしらと日々張り込んでいましたが、ふと見ますと、あらまあ!新葉が動いていました。動いていたので水やりしました。今年は昨年に比べますとかなり暖かいので、大丈夫なのかもしれないです。チョットびっくり~♪
  ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン)無加温ハウスで冬越し中、2019.02.10
↓家屋軒下部分の簡易ビニールハウス内、青枠部分に置いています。↓
ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン)無加温ハウスで冬越し中、2019.02.10
↓(左)日常暖房部屋の大株も、頂上芽に花芽がたくさんでき開花し始めています。(右)無暖房部屋では、水やりもしていませんが落葉したままいます。ここは最低気温10℃以下にもなり、最高気温も20℃下ほどです。もしやここも水やりしたら新葉が生えるかもしれないです。
ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン)室内窓際で開花中、2019.02.10 ペレスキア・グランディフォリア(Rereskia grandifolia)大葉キリン、ローズカクタス、桜キリン)無加温室内で冬越し中、2019.02.10
大丈夫大丈夫と、ギリギリの最低温度にチャレンジしますと、あ~やっちゃった~ということになり、今までたくさん後悔しています。なので、傷まない耐寒温度を探るのも、ほどほどにしておかないと、大変なことになりますよーッ。自問自答しています。まっいいか~\(-o-)/。
★今日の天気♪ 晴れ後、やや曇り、寒からず暖かからず。大室山の山焼きは前日雨天で順延。



にほんブログ村

0 Comments

Post a comment